〒470-0154 愛知県愛知郡東郷町和合ケ丘2丁目19番地8 営業時間 8時~20時

原則毎日営業(年末年始、月1回土曜日除く)

外出中は携帯電話に転送されますので、長めの電話をお願いします。

 

建設業許可個人のお客様 税込み110,000

法人のお客様 税込み143,000円から承ります(許可手数料除く)

建設業許可を取得するメリット(デメリット

まずメリットとして、県庁及び各建設事務所の時間をかけた厳密な審査により、

いわゆる「金看板」(建設業許可)を取得することによって、金額の大きな建設工事を

請け負うことができます(建築一式工事では税込み1500万円以上、

建築一式工事以外の建設工事では税込み500万円以上の工事)。

また信用も付きます。

デメリットとしては行政書士に対する報酬がかかってしまうこと、また、

毎事業年度ごとに事業年度終了届、5年ごとに更新届を提出しなければならないことなどです。

しかし、最近は元請からも建設業許可を取得するように言われるなど、上記のメリットに

比べてデメリットは少ないと古田行政書士事務所は考えます。

 

守秘義務

行政書士には守秘義務があります。

したがってお客様のご相談内容、個人情報が他人に漏れることはありません。

行政書士法第12条(秘密を守る義務)

行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を

漏らしてはならない。行政書士でなくなった後も、また同様とする。

お客様へのお願い

建設業許可、経営事項審査をはじめ各許認可業務には何ページにも及ぶ申請書類と

多くの添付書類が必要になります。申請書類にはお客様に下書きをお願いするものもあり、

添付書類の中には諸事情により収集に時間がかかるものもございます。

したがって申請日まで時間的に余裕を持ったご計画のもとでご依頼ください。

 

★当サイトの報酬額は全て税込み(10%)価格で表記してあります。